満塁ピンチに暴投…ロメロ、ヒヤヒヤ来日初S

[ 2011年4月21日 06:00 ]

セ・リーグ 巨人5―4阪神

(甲子園)
 巨人・ロメロがヒヤヒヤの来日初セーブを挙げた。山口不在で1日限定で抑えを務めた右腕は2点リードの9回に2四球などで1死満塁のピンチを招き、新井は空振り三振も、続く代打・桧山の打席で4球目のフォークが暴投となり1点差に。

 それでも5球目も強気にフォークを投じて空振り三振を奪い「3つのアウトを取れてよかった」と笑った。川口投手総合コーチは育成出身右腕について「緊張しただろうけど、もっとステップアップしてほしい」と期待した。

 ▼巨人・トーレス(来日初登板初先発で6回2失点)無駄な四球が多く、三振も少なかったから満足はしていない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月21日のニュース