10失点に4失策…星野監督 今季最悪に失笑

[ 2011年4月21日 06:00 ]

<ソ・楽>4回大量失点に浮かない表情の星野監督

パ・リーグ 楽天3―10ソフトバンク

(4月20日 北九州)
 今季最悪の試合内容に楽天・星野監督は声を荒らげるどころか、失笑を漏らした。開口一番「久しぶりに楽なゲームを見させてもらいました」。

 今季ワーストの記録が並んだ。10失点、4失策、6与四球…。不慣れな北九州市民球場での試合だったが、指揮官は「四球も多いし、2アウトから7失点か。守備のミスも多かった。地方球場というのもあるけど、それは相手も一緒」と振り返った。

 貧打が続く打線に、指揮官は開幕から初めてテコ入れを決断。不振の鉄平を3番から7番に下げ、ルイーズを先発から外して中村と草野を起用した。だが、礒部打撃コーチが「ミスショットが多い」と指摘したように3点止まり。球団初となる開幕から3カード連続勝ち越しは21日の第3戦に持ち越された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月21日のニュース