積極性と正確さで意地の一打 イチロー2試合連続打点

[ 2011年4月21日 08:17 ]

タイガース戦の3回、右前適時打を放つマリナーズのイチロー

マリナーズ2―3タイガース

 マリナーズのイチロー外野手は20日、シアトルでのタイガース戦に「1番・右翼」で出場し、4打数1安打1打点だった。内容は遊ゴロ、右前打(打点1)、三ゴロ、左飛で、打率は2割8分4厘。チームは2―3で敗れた。

 3回2死二塁、イチローは初球の外寄りカーブを確実にとらえて右前に運び、開幕1、2戦以来となる2試合連続打点を記録した。タイガース先発ポーセロは内外角に変化球を散らしてマリナーズ打線をかく乱していたが、この打席ではイチローの積極性と正確さが勝った。前日は鋭い打球を左右に打ち分けての4安打。まだ本調子とはいかないまでも、少しずつ状態が上向いていることをうかがわせる内容だった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月21日のニュース