東北高応援、続々…アルプスに1000人以上

[ 2011年3月26日 20:33 ]

 東日本大震災で被災した宮城県から選抜高校野球大会に出場している東北高の28日の初戦に、少なくとも約千人が応援に駆け付ける見通しとなった。

 同校によると、学校側は応援団派遣を見送ったが、関西出身の野球部員の保護者らが尽力。知人や関西在住のOBや、部員が所属していた少年野球チームの子どもらに声を掛けた。地元からも一部生徒の保護者や、控えの部員、生徒会の代表らが来ることになった。

 兵庫県内の高校約10校の生徒も「友情応援」に来る予定で、当日はアルプス席に大声援が響きそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月26日のニュース