開幕へ急ピッチ…QVCマリンに仮設トイレ250個

[ 2011年3月26日 06:00 ]

 ロッテは本拠地・QVCマリンでの4・12開幕に向けて急ピッチで準備を進める。東日本大震災の影響で周辺は液状化現象が見られ、球場の下水管の一部が破損。復旧が間に合わない場合も想定して、約400万円をかけて仮設トイレ250個を確保した。

 石川晃球団運営本部長は「業者から間に合うと返事をもらっているが、危機管理ということで用意した」と説明した。球場周辺には地震で被害を受けて通行禁止の歩道橋もあるが、仮設横断歩道の設置を検討して対応する。また、QVCマリンで開催するデーゲームに関して同本部長は「当面は基本的に13時から行う」と話し、開幕戦も13時開始で行う。開幕セレモニーに関しては派手なパフォーマンスなどは控える方針だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月26日のニュース