CS、日本Sは2週延期へ オーナー会議で協議

[ 2011年3月26日 06:00 ]

本来であればプロ野球が開幕を迎えた3月25日。 巨人・横浜戦が中止となり人通りも寂しい東京ドーム

 12球団の臨時オーナー会議(島田亨議長=楽天オーナー)が26日、都内で開かれ、4月12日のセ、パ同時開幕が決まった両リーグの今季日程について協議する。

 公式戦が当初から18日遅れたことでクライマックス・シリーズ(CS)、日本シリーズの延期についても同時に協議。CS、日本シリーズとも2週間程度の延期が濃厚で、公式戦の開幕延期とともに承認されることになりそうだ。

 今季の日本シリーズは10月29日にパ出場チームの本拠地から第1戦を行い、11月6日に第7戦が予定されている。24日にセが4・12同時開幕を発表。開幕が2週間以上延期となりCS、日本シリーズが通常通りでは、公式戦144試合の消化は難しい。

 「シリーズの延期もオーナー会議の議題になっています」。パの井上智治理事長(楽天オーナー代行)はそう説明して「論理的に144試合、CSをやるには最低2週間ずらさないと日程は組めない。大きく日程がずれるということをオーナー会議で了解していただく必要がある」と続けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月26日のニュース