最速は142キロ止まり 大石 7K初勝利も辛口採点 

[ 2011年3月26日 06:43 ]

<イースタン西・ロ>西武先発の大石は、6回を投げ1失点の好投を見せイースタン初勝利

イースタン・リーグ 西武10―1ロッテ

(3月25日 西武第2)
 西武のドラフト1位・大石(早大)が、イースタン・リーグのロッテ戦(西武第2)に先発し、6回4安打1失点でプロ初勝利を挙げた。

 とはいえ「直球に関してはまだしっくりこない感じ」と自己採点は辛口だ。ワインドアップ時のグラブの位置を大学時代と同じ高さに上げるフォームで、初回は3者連続三振を奪うなど7三振を奪った。直球は常時140キロ台で最速は142キロも飛球で9個のアウトを奪うなど球に力があった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月26日のニュース