プロ注目・吉永、189球5失点…制球反省

[ 2011年3月26日 06:00 ]

<日大三・明徳義塾>189球、5失点で完投勝ちした日大三・吉永

第83回選抜高校野球大会第3日 日大三6―5明徳義塾

(3月25日 甲子園)
 プロ注目の本格派右腕、日大三・吉永が189球、5失点で完投勝ちした。序盤から制球に苦しみ3回で63球。7四死球という結果に「力んでしまいました。こんなに投げたのは初めて。チームに迷惑をかけた」とうなだれた。

 送球を顔に受けて負傷した女房役の鈴木からは「弱気になってどうする」と鼓舞され続けたといい、「鈴木が顔で止めてくれなかったら、もっと点が入っていた。必死さが伝わってきました」と感謝しきり。「次はしっかりと自分の投球をしたい」と2回戦の静清戦(静岡)での“復肩”を誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月26日のニュース