×

【羽生結弦、語る SP編(1)】サルコーが1回転も「他のクオリティが高くできた」

[ 2022年2月8日 15:31 ]

北京五輪第5日 フィギュアスケート ( 2022年2月8日    首都体育館 )

<北京五輪・フィギュアスケート>男子SP、ジャンプを失敗した場所の氷を触る羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子で94年ぶりの3連覇を狙う羽生結弦(ANA)は、ショートプログラム(SP)で95・15点をマークして8位発進した。

 【羽生結弦、語る(1)】

 「おねがいします、ありがとうございました」

 ――4回転サルコーは

 「なんか…穴に乗っかりました」

 ――はまったのか

 「はまったっていうよりも。あの、はまったっていうのは、なんか、同じジャンプで自分のトレースにはまったっていう感じ。2019年のショートがそれがあったんですね。たぶん、そのショートの、2019年のショートのミスは、えー、6分間練習の時に、あまりにも本当にミリ単位でコントロールできすぎてて、同じところで跳んでしまったんですよ。今回はそのミスがもう自分の中で分かっていたので。あるっていう経験があったので。ちゃんと6分間、ちょっとずらしてたんですよ。で、本番の時に完璧なフォームで完璧なタイミングでいったら、なんか跳んだ瞬間にもう穴が入ってて。もうトージャンプの穴だったので。もう、しようがないです」

 ――朝に初めて本番リンクを滑った。調整方法を振り返って

 「いや、かなりいいです、むしろ。あの、6分間練習も凄く良かったですし。体力も凄く良い感覚で残ってますし。まあ、もちろんフリーに向けて、コンディションが、まだしっかり整った状態でいられるので。今日のミスはもう、自分ではどうこうしようもないところだったので。まあ、フリーに向けてしっかり、また一生懸命やりたいなって思います」

 ――サルコーの後はどんな気持ちで滑ったのか

 「なんか、なんか、あったな、みたいな。まあ、何より、自分の感覚の中でミスではないので、あれは。だから、そのまま、あの全然、気持ちを切らせずにプログラムとして成り立っていたようには、自分の中では思ってます」

――今日は感情を抑えていたのか

 「感情を抑えているっていうよりも、やっぱ、なんですかね、何かを見た時に、やっぱちょっと一つ、かけらが崩れているだけで、ちょっとなんか完成されてなく見えたんだと。しようがないです、はい」

 ――点数をどう受け止めるか

 「まあ、でも、それでも95点出していただけたのは、凄くありがいたいですし。それだけ、まあ、他のクオリティが高くできたっていうのは、自分をほめていきたいなって思いますし。なんですかね、もう、なんか、正直言って、なんか僕、悪いことしたかなって思ってます。ははは。なんか悪いことしたから、こうなってしまったのかなとかって。なんかもう、そういうことしか考えられないくらいのミスでした、はい」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年2月8日のニュース