×

松山英樹は7バーディー、ボギーなしの63 ホールアウト時点で1打差2位 ソニー・オープン第3日

[ 2022年1月16日 11:10 ]

米男子ゴルフ ソニー・オープン第3日 ( 2022年1月15日    ハワイ州 ワイアラエCC=7044ヤード、パー70 )

ソニー・オープン第3日。ショットを放つ松山英樹(AP)
Photo By AP

 5位から出た松山英樹(29=LEXUS)は7バーディー、ボギーなし、大会自己最少の63で回り通算16アンダーに伸ばした。ホールアウト時点で首位と1打差の2位に浮上した。

 出だしの1番で第2打をバンカーに入れながらパーで発進し、2番で3・5メートルのパットを決めてバーディーを先行させた。パー3の7番では1・2メートルにつけて伸ばした。8番は第2打でグリーンを捉えられなかったが、アプローチをピンそばに寄せてパー。9番パー5は2オン2パットのバーディー。前半で3つ伸ばし、通算12アンダーの2位で折り返した。

 12番は1・2メートルにぴたり。13番は10メートル以上のロングパットをねじ込み通算14アンダーとし、一時は首位ラッセル・ヘンリー(米国)に並んだ。

 13番では第2打をグリーン右の深いバンカーに入れてピンチを迎えたが、4メートルのパーパットを沈めてしのいだ。

 続く14番では4メートルのスライスラインを読み切りバーディー。再び首位のヘンリーを捉えた。

 最終18番パー5はグリーン右ラフからのアプローチを寄せ切れなかったが、4メートルのパットを決めて7つ目のバーディーで締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月16日のニュース