×

18歳・コンドラチュクが初出場V、SP2位から逆転 フィギュア欧州選手権男子

[ 2022年1月16日 05:30 ]

フィギュア欧州選手権男子で初優勝し、ロシア国旗を掲げるマーク・コンドラチュク(ロイター)

 フィギュアスケートの欧州選手権第3日は14日、エストニア・タリンで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で2位につけた18歳のマーク・コンドラチュク(ロシア)がフリーでサルコー、トーループの2種類の4回転ジャンプを計3度成功させて187・50点で1位となり、合計286・56点で初出場優勝を果たした。

 SP5位のダニエル・グラッスル(イタリア)がフリー2位と巻き返し、合計274・48点で2位に入った。デニス・バシリエフス(ラトビア)が3位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月16日のニュース