×

【都道府県対抗女子駅伝4区】不破聖衣来がまた区間新!「前をひたすら追いかけた」13人抜き22位→9位

[ 2022年1月16日 13:24 ]

第40回全国都道府県対抗女子駅伝 ( 2022年1月16日    京都・たけびしスタジアム京都発着=9区間、42・195キロ )

<第40回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会>4区を力走する群馬・不破聖衣来(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 第40回全国都道府県対抗女子駅伝は16日、京都・たけびしスタジアム京都発着の9区間、42・195キロで行われた。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中止となっため2年ぶりの開催で、4区(4キロ)では、群馬・不破聖衣来(せいら、18=拓大1年)がまたも驚異の走りを見せた。

 出身の群馬の4区(4キロ)として走り、2018年に長崎・広中璃梨花(当時・長崎商高、現・日本郵政グループ)が記録した12分32秒の区間記録を更新する12分29秒の区間新記録をマーク。22位でタスキをもらうと次々と前を走る走者を追い抜いて13人抜きを演じて9位に順位を上げた。

 レース後、不破は「前にいる選手をひたすら追いかけて走って、こういう記録が出せたのでうれしいです。高校の時は全国大会に出場することがかなわなかったので、こういう形で全国の舞台でタスキ渡しができてうれしい。今年は世界選手権とかがあるのでそこに出場できるように頑張っていきたいです」と話した。

 昨年は次々と記録を塗り替えた。昨年10月の全日本大学女子駅伝の5区(9・2キロ)で28分0秒と区間記録を1分14秒も塗り替える区間新で区間賞。11月の東日本女子駅伝でも最終9区(10キロ)で区間賞の走りを見せて逆転優勝のゴールテープを切った。さらに12月11日の記録会では、1万メートルで日本歴代2位の30分45秒21をマークし、同30日の富士山女子駅伝でも区間新。新年最初のレースでも勢いは衰えず、陸上界の“フワちゃん”の快走は今年も続きそうだ。

 ◇不破 聖衣来(ふわ・せいら)2003年(平15)3月25日生まれ、群馬県高崎市出身の18歳。大類中時代から中・長距離選手として注目を集め、17年に全日本中学陸上の1500メートルで優勝。高崎健康福祉大高崎高を経て昨年4月に拓大入学。10月の全日本大学女子駅伝では5区で区間新記録をマーク。12月11日の関西実業団ディスタンストライアルの1万メートルで30分45秒21の日本歴代2位となるタイムを叩き出し、日本の学生記録を更新、今夏に米オレゴン州ユージンで行われる世界選手権の参加標準記録も突破した。趣味はピアノを弾くこと。 1メートル54。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月16日のニュース