×

【都道府県対抗女子駅伝】福士加代子 涙&笑顔のラスト駅伝、出場10回で区間賞6回

[ 2022年1月16日 14:53 ]

全国都道府県対抗女子駅伝 ( 2022年1月16日    京都・たけびしスタジアム京都発着、9区間、42・195キロ )

<全国都道府県対抗女子駅伝>最後の駅伝となった青森・福士加代子はスタンドに手を振りながらゴールへ向かう(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 第40回全国都道府県対抗女子駅伝は16日、京都・たけびしスタジアム京都発着の9区間、42・195キロで行われた。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中止となったため2年ぶりの開催で、大会ラストランとなった福士加代子は(39=ワコール)は出身の青森の9区(10キロ)で出場した。

 25位でタスキを受け、途中からは涙を浮かべながらの力走し、最後は笑顔で28位でゴールテープを切った。

 今月30日の大阪ハーフマラソンでの現役引退を表明している福士は、都道府県対抗女子駅伝に青森・五所川原工高2年の99年に初出場し、今大会で10回目の出場。最長の最終9区(10キロ)で、出場した6大会連続で区間賞を獲得するなどし、04年の区間記録(30分52秒)はいまだに破られていない。

 ◇福士加代子の全国都道府県対抗女子駅伝全成績

1999年=5区(4・1075キロ)14分12秒(五所川原工高2年)区間28位

2000年=9区(10キロ)35分19秒(五所川原工高2年)区間43位

2001年=1区(6キロ)19分23秒(ワコール)区間1位

2002年=9区(10キロ)31分24秒(ワコール)区間1位

2004年=9区(10キロ)30分52秒(ワコール)区間1位

2006年=9区(10キロ)31分32秒(ワコール)区間1位

2010年=9区(10キロ)31分03秒(ワコール)区間1位

2011年=9区(10キロ)31分53秒(ワコール)区間1位

2014年=9区(10キロ)31分59秒(ワコール)区間2位

2022年=9区(10キロ)34分03秒(ワコール)区間34位

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月16日のニュース