×

ビルズが氷点下15度の“厳寒対決”を制して8強入り QBアレンはチーム新の5TD

[ 2022年1月16日 13:39 ]

TDパスを通したあと雄叫びをあげるビルズのQBアレン(AP)
Photo By AP

 最低気温が氷点下15度となったニューヨーク州バファロー郊外、オーチャードパークでの一戦ではAFC第3シードで地元のビルズ(東地区1位)が47―17(前半27―3)で今季1勝1敗だった第6シードのペイトリオッツ(東地区2位)を下して2シーズン連続で1回戦を突破。QBジョシュ・アレン(25)は25回中21回のパス成功で、308ヤードとプレーオフのチーム最多記録となる5TDを獲得し、RBデビン・シングルタリー(24)も2つのTDをマークして勝利に貢献した。

 ペイトリオッツはドラフト1巡目(全体15番目)に指名した新人QBマック・ジョーンズ(23)を起用して今季を乗り切ってきたが、この日は2つのインターセプトと3回のサックを浴びて敗北。トム・ブレイディー(44=現バッカニアーズ)とともにスーパーボウルを過去6回制しているビル・ベリチック監督(69)のプレーオフでの最大点差敗戦は2010年の19点差(対レイブンズ=14―33)だったが、30点差は自己ワーストとなった。

 <15日の試合>
 ▼AFC
(4)ベンガルズ(北地区1位)26―19(5)レイダース(西地区2位)
(3)ビルズ(東地区1位)47―17(6)ペイトリオッツ(東地区2位)
 <16日の試合>
 ▼AFC
(2)チーフス(西地区1―(7)スティーラーズ(北地区2位)
 ▼NFC
(2)バッカニアーズ―(7)イーグルス(東地区2位)
(3)カウボーイズ(東地区1位)―(6)49ers(西地区3位)
 <17日の試合>
(4)ラムズ(西地区1位)―(5)カージナルス(西地区2位)
 *カッコ内はシード順。日付は現地時間

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月16日のニュース