×

【都道府県対抗女子駅伝】兵庫“見せ場”つくり4位!5区・道清、6区・石松が区間賞獲得

[ 2022年1月16日 16:03 ]

第40回全国都道府県対抗女子駅伝 ( 2022年1月16日    京都・たけびしスタジアム京都発着=9区間、42・195キロ )

<全国都道府県対抗女子駅伝>たけびしスタジアムをスタート、先頭に出る兵庫・田中希美(28)(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 第40回全国都道府県対抗女子駅伝は16日、京都・たけびしスタジアム京都発着の9区間、42・195キロで行われた。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中止となっため2年ぶりの開催で、地元・京都が2時間15分05秒で2大会連続18回目の優勝を飾った。2位に福岡、3位には宮城が入った。3大会ぶり6回目の優勝を狙った兵庫は一時トップに立つなど見せ場をつくり4位に入った。

 兵庫は1区(6キロ)で1500、3000メートルの日本記録保持者で東京五輪1500メートル8位の田中希実(22=豊田自動織機TC)が2位発進。2区(4キロ)で後藤夢(21=豊田自動織機TC)でトップに立ち、3区(3キロ)の全中駅伝1区区間賞の吉川菜緒(14=稲美中2年)が順位をキープ。4区(4キロ)の大西ひかり(21=日本郵政グループ)で3位に後退した。

 5区(4・1075キロ)の道清愛紗(18=須磨学園高3年)が区間賞の走りで2位に上がり、6区(4・0875キロ)の石松愛朱加(18=須磨学園高3年)も区間賞の快走で首位に立った。7区(4キロ)の田村優芽(17=須磨学園高2年)で3位になり、8区(3キロ)の塚本夕藍(15=荒井中3年)が順位をキープ。最終9区(10キロ)の太田琴菜(26=日本郵政グループ)が4位でゴールテープを切った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月16日のニュース