×

ジョコビッチが声明「裁判所の判決に非常に失望している…つまり全豪オープンに参加することはできない」

[ 2022年1月16日 17:00 ]

15日、オーストラリア・メルボルン市内の隔離施設に到着したジョコビッチ=左(AP)
Photo By AP

 オーストラリアの連邦裁判所に同国からの強制送還差し止めと査証(ビザ)取り消し撤回を申し立て、却下された男子テニス世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が16日、声明を発表した。

 最初に、今後へ向けては休養と回復に時間がかかるとした上で「裁判所の判決に非常に失望している。つまり、オーストラリアに滞在して全豪オープンに参加することはできない」とコメント。一方で、「私は裁判所の判決を尊重し、国外への出国に関して関係当局に協力する」と判決に従う姿勢を示し、「過去数週間、私に話題が集中していたことは気分が良くなかったし、私が愛する試合と大会に全員が集中できることを願っている。選手、トーナメント関係者、スタッフ、ボランティア、ファンの活躍を祈っている」と記した。

 ジョコビッチは4連覇を狙っていた全豪オープンで17日の1回戦でミオミル・ケツマノビッチ(セルビア)との対戦が決まっていた。この日発表された試合順ではセンターコートの最終試合が割り当てられていた。男子ツアーを統括するATPはジョコビッチの代わりに世界ランキング150位のサルバトーレ・カルーソ(イタリア)が出場すると発表した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月16日のニュース