×

15歳ワリエワが初出場V「いい経験になった」2位はシェルバコワ フィギュア欧州選手権

[ 2022年1月16日 10:48 ]

フィギュアスケート欧州選手権最終日 ( 2022年1月15日    エストニア・タリン )

フィギュア欧州選手権女子を制したワリエワ(AP)
Photo By AP

 女子は北京五輪金メダル最有力候補で15歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が世界新を出したショートプログラム(SP)に続いてフリーも168・61点の高得点で1位となり、合計259・06点で初出場優勝を果たした。

 冒頭の4回転サルコーを鮮やかに決め、続くトリプルアクセルでは転倒。それでも、トーループの4回転―3回転などを成功させて演じ切った。「いい部分もあったし、ミスもあった。改善していきたい。もっと良くなる」と振り返り「私はまだ15歳。きょうはいい経験になった」と前向きだった。

 ロシア勢が表彰台を独占。SP4位と出遅れたアンナ・シェルバコワがフリーで4回転フリップなどを決め、自己ベストの168・37点をマークして2位と巻き返し、合計237・42点で準優勝。SP3位のアレクサンドラ・トルソワがフリー159.23点、合計234・36点で3位に入った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月16日のニュース