大坂なおみ 土居美咲下しマドリードOP2回戦進出 苦手クレーコートもストレート勝ち

[ 2021年4月30日 21:02 ]

マドリードOP1回戦で土居と対戦する大坂(AP)
Photo By AP

 女子テニスのマドリード・オープンは30日、スペイン・マドリードで1回戦を行い、4大大会4勝を誇る世界ランキング2位の大坂なおみ(23=日清食品)が、予選から勝ち上がった世界79位の土居美咲(30=ミキハウス)に7―5、6―2で勝利を納め、19年に続き2大会連続で2回戦に駒を進めた。

 大坂にとって、苦手としているクレーコートでの試合は昨年2月のフェド杯以来だったが、第1セットはともに2回のブレークで5―5として迎えた第11ゲームで、大坂は6度のデュースの末ブレークに成功。続く第12ゲームをラブゲームでキープし、このセットを奪った。

 第2セットはいきなり大坂がブレーク。その後はともにサービスゲームをキープしたが、第7ゲームをブレークし、そのまま押し切った。

 これで両者の対戦は大坂の3勝0敗。最近では昨年の全米オープンの1回戦で戦っており、大坂が2―1で勝利、同大会で優勝を飾っている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月30日のニュース