韓国五輪代表、指導者ら100人にワクチン優先接種 大会準備に集中へ

[ 2021年4月30日 05:30 ]

 韓国の東京五輪出場選手と指導者の約100人が29日、新型コロナウイルスワクチンの優先接種を受けた。

 テコンドーのイ・デフンはソウルのクリニックで注射し、「五輪が近づいている気がする」と語った。卓球のイ・サンスも「安心した」と語り、五輪への準備に集中できることに期待した。韓国体協によると5月の第1週までにさらに500人以上の選手とコーチが注射され、韓国選手団の合計930人が接種を受ける。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月30日のニュース