本田姉妹、一期一会の舞い「1回1回を大切に…お会いできること楽しみ」PIW公開リハ

[ 2021年4月30日 19:25 ]

<プリンスアイスワールド2021 横浜公演リハーサル>熱演する本田望結(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートのアイスショー「プリンス・アイス・ワールド 2021」(PIW)横浜公演の公開リハーサルが30日、KOSE新横浜スケートセンターで行われた。本田望結(プリンスホテル)は黒い衣装でフォール・アウト・ボーイの「Thnks fr th Mmrs」を演じ、姉の真凜(JAL)は黒と白のきらびやかな衣装で今季序盤のSP曲「アイム・アン・アルバトロス」を舞った。

 望結はPIWチームと共演ナンバーもあり、女優ならではの演出でも魅せた。リハーサル後のインタビューに登壇した望結は「実は去年お披露目する予定だったんですけども、できなくて。1年越しにお披露目できることを凄くうれしく思います。1回1回の公演を大切に、皆さんにお会いできることを楽しみにしています」と話した。今回演じる曲はSPで使用する曲をエキシビナンバーにした。「アイスショーという形で氷の上で滑れているだけで幸せ」と実感を込めた。

 同アイスショーは新型コロナウイルスの影響で昨年は中止となり、1年越しの開演が実現。横浜公演は5月1~5日の5日間、1日2公演計10公演行われる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月30日のニュース