錦織圭、16強入り 攻撃的プレーで快勝「だいぶ自信が戻ってきた」

[ 2021年3月18日 05:30 ]

男子テニス ドバイ選手権第3日 シングルス2回戦   錦織 6―3 7―6 ゴファン ( 2021年3月16日    ドバイ )

シングルス2回戦で勝利した錦織圭
Photo By ゲッティ=共同

 シングルス2回戦で世界ランキング41位の錦織圭(31=日清食品)が同13位で第5シードのダビド・ゴファン(30=ベルギー)に6―3、7―6で快勝し、16強入りした。3回戦は世界59位のアルヤジ・ベデネ(31=スロベニア)と初対戦する。

 ストローク戦が得意なゴファンには過去3戦全勝。プレースタイルの似た相手をストレートで破り「攻撃的にプレーできた。特に第1セットは完璧。自分のテニスをできた感じがある。だいぶ自信が戻ってきた」と手応えを得た。フルセットだった1回戦の課題をミルヌイ・コーチと分析。サーブを修正し「テークバックを遅らせてスイングスピードを上げることを意識した」という。目標のトップ10返り咲きへ、実り多い一戦となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月18日のニュース