照ノ富士、無傷の4連勝 もろ差し許すも逆転の小手投げ

[ 2021年3月18日 05:30 ]

大相撲春場所4日目 ( 2021年3月17日    両国国技館 )

明生(左)を小手投げで下す照ノ富士(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 大関獲りの照ノ富士がかろうじて4勝目を手にした。立ち合いで明生の左を抱えて動きを止めたが、右をねじ込めれると2本許して攻め込まれた。それでも土俵際から押し返して体を入れ替え、小手に振って逆転勝ち。無傷を守ったが「立ち合いがあまりよくなかった」と首をひねった。

 今場所一番のピンチを乗り切り、昇進マジックは5。反省しつつ、「明日から気持ちを入れ替えて頑張る」と気合を入れ直した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月18日のニュース