高安「我慢できた」土俵際で逆転 好調キープ「最後まで優勝争いを」

[ 2021年3月18日 05:30 ]

大相撲春場所4日目 ( 2021年3月17日    両国国技館 )

大栄翔(右)を突き落としで破る高安(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 高安は土俵際での逆転で大栄翔を下し、1敗を守った。喉輪攻めで上体は起こされ土俵に詰まったが懸命に体をひねって突き落とし。「我慢できたし、内容も悪くない」と振り返った。

 4場所連続勝ち越しで迎えた今場所も大関経験者らしく厳しい攻めで好調をキープ。「最後まで優勝争いに絡めるよう内容のいい相撲を取りたい」と意欲を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月18日のニュース