北勝富士「がむしゃら」気迫の流血で正代撃破

[ 2021年3月18日 05:30 ]

大相撲春場所4日目 ( 2021年3月17日    両国国技館 )

血まみれで引き揚げる北勝富士(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 北勝富士が結びの一番で正代を破った。素早い立ち合いで先制し、もろ差しを許し反撃されるも体勢を整えて押し返した。まぶたの上から激しく出血する気迫の当たりで勝利をつかみ、NHKのインタビューでも「がむしゃらに当たった。大関は差されると強いので、我慢して良かった」と納得の様子。

 手当てのため診療所に向かい取材対応はなかったが、会心の勝利に表情は穏やかだった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月18日のニュース