復帰戦の桃田賢斗が準々決勝進出 世界31位から8連続得点で形勢逆転!全英OP2回戦

[ 2021年3月18日 20:03 ]

バドミントン全英オープン2回戦 ( 2021年3月18日    英国バーミンガム )

全英オープンに出場している桃田賢斗(AP)
Photo By AP

 男子シングルス世界ランキング1位で東京五輪出場を確実にしている桃田賢斗(26=NTT東日本)は同31位のインド選手を2―0(21―15、21―14)で下し、19日の準々決勝に駒を進めた。第2ゲーム序盤は相手に先行されたが、9―11の場面から8連続ポイントで形勢逆転。ストレート勝ちに持ち込み、世界王者の強さを見せつけた。

 前日の1回戦では、遠征先のマレーシアで巻き込まれて負傷した交通事故前日の昨年1月12日のマレーシア・マスターズ決勝以来430日ぶりの国際大会復帰戦。強打に押され、終盤には追いつかれる場面もあり「自分の中で納得のいく試合ではなかった」と語っていた。修正を期しての2回戦だった。

 伝統の全英オープンで桃田は19年に初優勝を果たしており、2年ぶり2度目の頂点を目指している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月18日のニュース