冬季国体フィギュア少年女子SP首位の松生理乃 ステップで膝つき「変なところで転んでしまって」

[ 2021年1月27日 15:32 ]

フィギュア少年女子SPで首位の愛知・松生理乃
Photo By 代表撮影=共同

 岐阜、愛知両県で開かれる国体冬季大会が27日に開幕し、女子フィギュアスケートの少年女子ショートプログラム(SP)が行われ、松生理乃(16=中京大中京高)が63・55点で首位に立った。

 冒頭の3回転ルッツに始まりダブルアクセル、フリップとトーループの連続3回転とジャンプは全て成功。だが、その後のステップの際にバランスを崩してしまい膝をついた。

 「変なところで転んでしまって、自分でもあきれるようなところもあるけど…。ジャンプが降りられたのは良かった」。あす28日のフリーに向けて「今日みたいに、ジャンプのミスなくできたら」と意気込んだ。

 2位が吉田陽菜(15=木下アカデミー)、3位が河辺真菜(16=木下アカデミー)となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月27日のニュース