池江、復帰後初バタフライ 2月東京都OP50、100メートルにエントリー

[ 2021年1月27日 05:30 ]

池江璃花子
Photo By スポニチ

 東京都水泳協会は25日、東京都オープン(2月20、21日、東京辰巳国際水泳場)のエントリーを公表し、白血病からの完全復活を目指す競泳女子の池江璃花子(20=ルネサンス)が50メートル、100メートルバタフライに登録した。

 昨年8月の実戦復帰後、これまで自由形のみに出場しており、バタフライを泳ぐのは初となる。池江は両種目の日本記録保持者。23日の北島康介杯では100メートル自由形に出場し、東京五輪代表選考会を兼ねる日本選手権(4月3~10日、東京アクアティクスセンター)の参加標準記録を突破した。2月4~7日のジャパン・オープンは50メートル自由形に出場する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月27日のニュース