吉田陽菜はSP62・50点、全中中止も「国体で出し切れるように」冬季国体少年女子

[ 2021年1月27日 12:48 ]

フィギュアスケート冬季国体第1日 ( 2021年1月27日    愛知・日本ガイシアリーナ )

吉田陽菜
Photo By スポニチ

 京都府代表で少年女子ショートプログラム(SP)に出場した吉田陽菜(木下アカデミー)は62・50点だった。「今シーズン最後のSPになると思うので、今シーズンの全てを出し切れるように思い切って演技した。ジャンプは大きなミスなく終えられた。安心している」と振り返った。

 現在15歳。新型コロナウイルスの影響で全国中学校体育大会が中止となった。「ショックではあった。試合があるのはありがたいので、国体で出し切れるように切り替えた」と明かした。フリーでは冒頭に大技3回転半を挑戦予定で、今季の集大成を見せる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月27日のニュース