仏1部クレルモンに元日野ロックのエバーソン加入 昨年3月コカイン使用で逮捕

[ 2021年1月27日 21:26 ]

 ラグビー・フランス1部リーグで日本代表FB松島幸太朗(27)が所属するクレルモンは27日、昨季まで日本のトップリーグ(TL)の日野に所属していたニュージーランド出身ロックのジョエル・エバーソン(30)を獲得したと発表した。契約期間は今季終了まで。エバーソンは昨年3月、麻薬取締法違反容疑で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けていた。

 クレルモンの公式ウェブサイトによると、エバーソンは10日間の入団試験を経て、27日に正式契約。チームはFW第2列に多くの故障者を抱え、セットプレーが不安定な試合が続いており、身長2メートル3の体格を誇るエバーソンに白羽の矢が立ったという。フランク・アゼマ監督も「(ニュージーランドの)カンタベリー出身の他の選手同様、基礎スキルが高い選手」などとコメントし、期待を寄せているという。

 エバーソンが逮捕された昨年3月、日野は直後に無期限の活動自粛を発表。事態を重く見た日本ラグビー協会も、TL3節分を「コンプライアンス教育の徹底に伴う開催休止」とし、結果的に新型コロナウイルスの影響もあり、リーグは不成立のまま打ち切りとなっていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月27日のニュース