松田鈴英 まずは初優勝、さらに「2勝、3勝を目指していきたい」 確定申告PRイベント参加

[ 2021年1月27日 11:20 ]

地元彦根市でご当地ゆるキャラのひこにゃんとe-Taxによる確定申告をPRする女子プロゴルファー・松田鈴英
Photo By スポニチ

 女子プロゴルファー・松田鈴英(23=ニトリ)が27日、地元滋賀県彦根市でパソコン、スマートフォンなどで簡単にできるe―Taxによる確定申告のPRイベントに彦根市のゆるキャラ、ひこにゃんとともに参加した。

 
 スマートフォンを手にe―Taxを疑似体験した松田は「画面の案内に従っていくだけですごく簡単でした」と5分ほどで手続きを完了。実際に税務署に出向いて手続きする必要がなく新型コロナウイルスの感染予防の効果も期待できることから「すごく便利だと思いました」と笑顔でPRした。
 
 松田の2021年の最大の目標はツアー初優勝。既に年明けから沖縄、鹿児島での約2週間の合宿を終え、これまでの課題だったショートゲームを強化。このPRイベント後もその日のうちに沖縄へ移動し、3月4日に沖縄で開幕する2021年初戦のダイキンオーキッドレディースに備えて宮古島、茨城などで再度、強化合宿を張る。
 
「もちろん、初優勝を目標にやっていきたいんですけど、1勝と言わず、2勝、3勝を目指していきたいと思います。飛距離も伸びて来てますし、開幕に向けて仕上がって来てると思います」

 2018年には大王製紙エリエールレディースで2位に入るなど6度のトップ5入りを記録し、賞金ランクでも自己最高の11位に食い込んだ。新型コロナウイルス感染拡大の影響により年をまたぐことになった2020―21年シーズンはここまで賞金ランク85位と低迷しているが、国内屈指の飛距離を誇る最もツアー初Vに近い選手の一人。2021年の巻き返しに期待が懸かる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月27日のニュース