【名将鳥内秀晃の人間話 頼むでホンマ】国民の生命を本気で守る気あんの、と言いたいわ

[ 2021年1月27日 05:30 ]

鳥内秀晃氏
Photo By スポニチ

 今年最初のコラムも、新型コロナの話せなあかんやろな。1年前、安倍さん(晋三前首相)が「100年に一度の国難」って言ってたわな。実際、ペスト、コレラ、スペイン風邪は100年ごとに流行ってんねん。そんな危機やのに、何で昨年1月末の時点で、国外から人が入るのをストップでけへんかったんやろ。五輪をやるためやろけど、代償は大きかったな。

 今の政府を見とったら、ホンマにオールジャパンで有事にあたってるんか疑問やわ。お医者さん、ノーベル賞受賞者、科学者とか、あらゆる意見を集約してこそオールジャパンやん。安倍さんや、菅さんのとこに、全部の情報が上がってきてんのかな。自分と違う意見は排除してるようにしか感じひんわ。イエスマンばっかり周りに集めてるから、対応が後手後手になってまうねん。幅広く考えを聞いて対策したら、何十パターンも戦略が生まれるやろ。そこから決定するのがトップの仕事なんちゃうかな。

 病院に関しても、オールジャパンででけてへんやろ。国立、公立、民間の病院が連携できてへんから、患者が入院もできん事態になってるんちゃうかな。ホンマは、少し状況がマシやった昨年夏に病床を確保しとかなあかんかってん。自衛隊って、国を守るために武器、兵器を持ってるわけやろ。ウイルスという敵に攻められてんのに、何で緊縮財政で医者とか看護師の人数減らしてんの?この国は自然災害も多いねんから、保健所も含めて、こういう大事なもんは減らしたらあかんことが分かったわけやろ。こういう有事の際は民間だけでは無理やねんから、公的な病院や研究所がもっと必要なんちゃう。

 とにかく最悪の事態は常に想定しとかなあかんねん。有事が起こってからでは遅い!それやのに、何で国会は夏も年末も閉まってんの?国民の生命を本気で守る気あんの、と言いたいわ。

 こういう状況で、「日本は欧米より致死率が低いから」っていう政治家もおるけど、数の問題ちゃうやろ。ホンマに一人でも亡くしたらあかんねん。誰かが亡くなることで、家族や身内、友達みんなが悲しむねん。そういう発想があったら、人命を守るために、どんなことでもできるんちゃうんかな。頼むでホンマ。

 最後に18日に亡くなったチャック・ミルズさん(享年92)について触れさせて。オレが南オレゴン大にコーチ留学(82~84年)したのも、チャックさんがヘッドコーチしてたからやねん。「対戦相手をリスペクトしなさい」って言葉が一番心に残ってるわ。オレのおやじ(隆一さん、08年に他界)と同い年。おやじが2人ともいなくなった寂しい気持ちやな。 (関西学院大アメリカンフットボール部前監督)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月27日のニュース