15歳吉田陽菜がSP2位発進 フリーはトリプルアクセルで勝負

[ 2021年1月27日 16:05 ]

フィギュアスケート冬季国体第1日 ( 2021年1月27日    愛知・日本ガイシアリーナ )

吉田陽菜
Photo By スポニチ

 京都府代表で少年女子ショートプログラム(SP)に出場した中学3年の吉田陽菜(15=木下グループ)が62・50点で2位につけた。

 冒頭のフリップ、トーループの連続3回転を含め、ジャンプは全て着氷。「緊張しすぎず、いつも通りできました」と振り返った。
 あす28日に行われるフリーの構成にはトリプルアクセル(3回転半)を組み込む予定。首位の松生理乃とは1・05点差につけており、逆転優勝を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月27日のニュース