アシックスとカシオ ランニング指標分かる新サービス提供

[ 2021年1月27日 14:55 ]

新たに開発したG-SHOCK(GSR-H1000AS、提供写真)
Photo By 提供写真

 スポーツ用品大手のアシックスとカシオ計算機は27日、オンラインで記者会見を行い、ランナーのレベルに合わせたパーソナルコーチングサービス「Runmetrix(ランメトリックス)」を今春から提供すると発表した。

 両社が共同開発したモーションセンサーを腰に装着して走ることで走行距離やペース、ピッチに加えて骨盤の動きなどを算出。業界最多となる20種類以上のランニング指標が分かるといい、専用アプリでフォーム分析や改善のアドバイスをするという。

 また、カシオからRunmetrixモデルの「G―SHOCK」、アシックスからはコラボモデルのランニングシューズも販売される。モーションセンサーは1万4080円、G―SHOCKとのセットは5万7200円(ともに税込み)。G―SHOCK単体での販売はしていない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月27日のニュース