金谷 序盤から出入り激しく…第2R前半終え4オーバーと後退

[ 2020年9月19日 03:00 ]

米男子ゴルフツアー 全米オープン第2日 ( 2020年9月18日    米ニューヨーク州 ウイングドフットGC=7477ヤード、パー70 )

<全米オープン第1日>アマチュア世界ランク1位として臨んだ金谷(AP)
Photo By AP

 57位から出た金谷の第2ラウンドは、序盤から出入りの激しいゴルフとなった。

 1、2番で連続ボギーとすると3番パー3で第1打を2メートルにつけてバーディー。4、5番で再び連続ボギーとして6番で再び挽回した。7番から9番まではパーをセーブし前半は2バーディー、4ボギーで、通算4オーバーとした。初日から難コースの洗礼は受けながらも「どんどん自分らしいプレーをして伸ばしたい」と目標の予選通過へ懸命のプレーを続けた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月19日のニュース