大栄翔 4日ぶり白星 豊山に反撃の余裕与えず「立ち合いを見直した」

[ 2020年9月19日 05:30 ]

大相撲秋場所6日目 ( 2020年9月18日    両国国技館 )

<九月場所・6日目>豊山(右)を押し出す大栄翔(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 大栄翔が豊山に格の違いを見せつけた。

 立ち合いのもろ手突きをはね上げられながらも、すぐさま突き放して相手に反撃する余裕を与えず、一方的に攻めて押し出した。4日ぶりとなる白星で2勝目を挙げ「良かったと思います。自分の立ち合い(をすること)が大事だと思って、そこを見直しました」と振り返った。3連敗し、立ち合いの踏み込みなどを修正。「連敗はよくないので。連勝していかないと」と切り替えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月19日のニュース