デュプランティス 屋外でも鳥人ブブカ超え!「まだ雲の中にいるよう」

[ 2020年9月19日 05:30 ]

棒高跳びでブブカが94年に残した屋外記録6メートル14を破ったデュプランティス(AP)
Photo By AP

 陸上のダイヤモンドリーグは17日にローマで行われ、男子棒高跳びでアルマント・デュプランティス(20=スウェーデン)がセルゲイ・ブブカ(56=ウクライナ)の持つ屋外世界最高を1センチ上回る6メートル15で優勝した。

 00年以降は室内と屋外で記録が区別されていない中、今年2月の室内大会では2週続けて世界記録を更新して最高は6メートル18。この日は3センチ及ばなかったが「6メートル15は本当に重要だった。世界記録は持っていたけど、屋外でもベストになりたかった」と振り返った。風の影響を受けやすい屋外ではブブカが94年に出した6メートル14が金字塔として長く君臨。屋外と室内で世界記録を計35回更新した「鳥人」を超えたデュプランティスは「着地したけど地上に戻っていない。まだ雲の中にいるよう」と喜びを表現した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月19日のニュース