男子エペで“選手じゃない”坂本が日本一王手「なんでですかね」

[ 2020年9月19日 18:32 ]

フェンシング全日本選手権第3日 ( 2020年9月19日    駒沢体育館 )

引退しているはずなのに男子エペで決勝に進出した坂本
Photo By スポニチ

 男子エペで36歳の坂本圭右(自衛隊)が26日の決勝に進出した。「ここまでいけること自体、想像していなかった」と言うには理由がある。「昨年、引退して、今大会は引退試合で、選手ではない」と自身の立場を説明した。日本協会の選手登録は残っており、国内ランキング5位で上位16人が出場できる今大会のピストに立った。

 既に自衛隊で近代五種のフェンシングコーチとして活動しており、実戦形式の練習は教え子と週1回程度。予想外の快進撃の理由を問われると、「なんでですかね、僕が聞きたい」と話した。

 過去3度の日本一を誇る実力者。宇山賢(28=三菱電機)と対戦する26日の決勝へ「もう、よく頑張りました。満足です」としながら、「勝つか負けるかはどうでもいいので自分のスタイルを貫きたい」と闘志を高めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月19日のニュース