37歳の福士 途中棄権…5大会連続五輪目指しトラック種目に懸ける?進退明言ぜず

[ 2020年3月9日 05:30 ]

名古屋ウィメンズマラソン ( 2020年3月8日    ナゴヤドーム発着 )

<名古屋ウィメンズマラソン>レースを棄権した福士加代子は、関係者と話し手で顔を覆う(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

トラック種目を含めて5大会連続の五輪出場を目指した37歳の福士は、30キロすぎで途中棄権した。25キロでレースをやめた1月の大阪国際から中41日の強行軍で出場したが、15キロすぎで先頭集団から遅れた。「自分の身を思ってやめました」とだけ言葉を残した。

 永山監督は「寒さは得意ではない」と雨を理由に挙げた。5大会連続で出場するには、トラック種目に懸けるしかない。指揮官は「終わりは福士が自分で決めると思う。どのレベルで走るかはこれからの相談になる」と進退の明言を避けた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月9日のニュース