宇良 地元・大阪で白星発進「うれしいです」

[ 2020年3月9日 13:37 ]

大相撲春場所2日目 ( 2020年3月9日    エディオンアリーナ大阪 )

<春場所・2日目>寄り倒しで益湊を破った宇良(右) (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 右膝の負傷から復帰して3場所目の西三段目30枚目の宇良(27=木瀬部屋)が地元・大阪での本場所で白星発進した。西三段目29枚目の益湊(24=阿武松部屋)との一番は低い体勢ですぐに左を差し、そのまま攻めて寄り倒し。元幕内の人気力士は1番相撲での勝利に「うれしいです」と目を細めた。

 両膝の故障などで、春場所の土俵に上がるのは新入幕だった17年以来、3年ぶり。ファンに元気な姿を見せるはずの場所は新型コロナウイルスの感染拡大により無観客での開催となった。「静かだなと思う。お客さんがいた方がいいですね」と改めてファンのありがたみを口にした。それでも相撲には影響を及ぼさなかった。「もともと環境に右往左往しないように取り組んでいる」とファンがいなくても自分の相撲を取り切った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月9日のニュース