森川 土性に敗れ涙 セコンドについた伊調馨から声かけられ「4年後」誓う

[ 2020年3月9日 05:30 ]

レスリング東京五輪代表決定プレーオフ・女子68キロ級   森川1―3土性 ( 2020年3月8日    東京都・味の素ナショナルトレーニングセンター )

<レスリング五輪代表決定プレーオフ>試合後、涙を流す森川美和(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 森川は3点をリードされた終盤に土性を場外に出して1点返したが及ばず「最初から攻められたら」と涙ぐんだ。

 指導を受ける五輪4連覇の伊調馨がセコンドに付いたが「勝つことが一番の恩返しだったのにそれができなかった」と肩を落とした。試合後は「明日からもっと厳しく練習していこう」と声をかけられた20歳は「4年後の一番大きな舞台で勝てるようにしたい」と切り替えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月9日のニュース