日本ラグビー協会 TL当面休止検討 コロナ感染拡大で…9日にも結論

[ 2020年3月9日 05:30 ]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本ラグビー協会がトップリーグを当面休止する方向で検討していることが8日、関係者への取材で分かった。2月下旬に3月8日までの2節16試合の延期を決め、14日からの再開を模索したが、感染防止のためにスポーツイベントの中止や延期が続く現状を考慮したとみられる。9日にも結論を出す。リーグは1月に開幕して第6節まで消化しており、第7、8節を延期した。第9節以降の試合はリーグ戦期間中に振り替えられる日程がないため、太田治チェアマンはこれまでに「(延期ではなく)中止せざるを得ないのではないか」との見通しを示していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月9日のニュース