レイカーズが4連勝 ジェームズ奮闘 アデトクンボを欠いたバックスは今季初の連敗

[ 2020年3月9日 14:45 ]

ルーズボールをキープするレイカーズのジェームズ(AP)
Photo By AP

 NBAは8日に各地で11試合を行い、西地区全体1位のレイカーズは同じロサンゼルスに本拠を置いている2位クリッパーズを112―103(前半49―53)で下して49勝13敗。レブロン・ジェームズ(35)が28得点、7リバウンド、9アシスト、アンソニー・デービス(26)が30得点、8リバウンドをマークして4連勝を飾った。

 クリッパーズの連勝は6で止まって43勝20敗。ポール・ジョージ(29)が31得点、カワイ・レナード(28)が27得点を稼いだものの、このカードは今季3戦目で初黒星を喫した。

 東地区全体1位のバックスは敵地フェニックスでサンズに131―140(前半59―77)で敗れて53勝11敗。昨季のMVP、ヤニス・アデトクンボ(25)が膝を痛めて欠場し、クリス・ミドルトン(28)が39得点を稼いだものの今季初の連敗となった。アデトクンボは9日にデンバーで行われるナゲッツ戦も欠場すると見られている。

 東地区全体2位のラプターズはキングスに競り勝って3連敗のあと3連勝。西地区全体6位のロケッツはマジックに大差で敗れ、6連勝のあと4連敗を喫した。

 <8日の結果>

ヒート(41勝23敗)100―89*ウィザーズ(23勝40敗)
レイカーズ(49勝13敗)112―103*クリッパーズ(43勝20敗)
ペリカンズ(28勝36敗)120―107*ティンバーウルブス(19勝44敗)
*ネッツ(29勝34敗)110―107ブルズ(21勝43敗)
サンダー(40勝24敗)105―104*セルティクス(42勝21敗)
*サンズ(26勝38敗)140―131バックス(53勝11敗)
ペイサーズ(39勝25敗)112―109*マーベリクス(39勝26敗)
マジック(29勝35敗)126―106*ロケッツ(39勝24敗)
*キャバリアーズ(19勝45敗)132―129(延長)スパーズ(26勝36敗)
*ニックス(20勝44敗)96―84ピストンズ(20勝45敗)
ラプターズ(45勝18敗)118―113*キングス(28勝36敗)

 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月9日のニュース