びわ湖毎日マラソン システム不具合で号砲10分遅れに

[ 2020年3月9日 05:30 ]

第75回びわ湖毎日マラソン ( 2020年3月8日    皇子山陸上競技場発着 )

びわ湖毎日マラソンで、スタートしトラックを周回する選手たち。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、観客は少なかった
Photo By 共同

 号砲が鳴らず、スタートが10分遅れるハプニングがあった。選手は予定時刻の午前9時15分にスタート地点に並ぶも、なかなか合図が聞こえず、川内らは思わず苦笑い。体を冷やさないため、一度競技場内に下げられ、10分後に仕切り直しの号砲がとどろいた。

 「号砲とタイム掲示板を連結する機器が不具合を起こしたため。原因は分かっていません」と大会関係者。再発防止のため、来年に向けて手動のピストルを用意するという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月9日のニュース