ダイハツ・山中監督 松田Vに「スタート直後の動き、表情を見て“きょうはハマった”と思った」

[ 2020年1月26日 15:24 ]

大阪国際女子マラソン ( 2020年1月26日    大阪市・ヤンマースタジアム長居発着 42・195キロ )

<大阪国際女子マラソン> 設定記録の2時間22分22秒を切ってゴールした松田(右)は山中監督と抱き合って喜ぶ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 東京五輪代表残り1枠を争う「MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ」の女子第2弾、大阪国際女子マラソンが26日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居を発着点とする42・195キロで行われ、松田瑞生(24=ダイハツ)が2時間21分47秒で優勝した。五輪代表への最低条件「2時間22分22秒」を突破し、“最後の1枠”獲得に大きく前進した。

 レース後、ダイハツの山中美和子監督(41)は「よく頑張ったと声をかけたいです。正直2時間22分22秒というタイムは甘くないと思っていたので、不安もあったんですけど、スタート直後の動き、表情を見て“きょうはハマった”と思って安心できました」と振り返り、「まだまだやることいっぱいあります」と気を引き締めていた。

 東京五輪の女子マラソン代表にはMGC1位前田穂南(23=天満屋)と同2位鈴木亜由子(28=日本郵政グループ)の2人がすでに内定。3月の名古屋ウィメンズマラソンで松田の記録を破る選手がいなければ、松田が代表となる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月26日のニュース