福士加代子 20キロ手前で先頭集団から遅れる 大阪国際女子マラソン

[ 2020年1月26日 13:23 ]

大阪国際女子マラソン ( 2020年1月26日    大阪市・ヤンマースタジアム長居発着 42・195キロ )

<大阪国際女子マラソン> ヤンマースタジアム長居をスタートする小原、福士、松田ら(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 東京五輪代表残り1枠を争う「MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ」の女子第2弾、大阪国際女子マラソンが26日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居を発着点とする42・195キロで行われた。

 代表への最低条件「2時間22分22秒」突破を目指し、日本のトップランナーが出場。序盤から1キロ3分20秒前後のハイペースでレースは展開され、ベテランの福士加代子(37=ワコール)は、昨年に転倒した12・6キロ地点を昨年9月のMGCで3位だった小原怜選手(29=天満屋)、同4位の松田瑞生(24=ダイハツ)とともに先頭集団で通過。17キロ過ぎで小原が遅れ始めても、福士は集団の最後尾で粘っていたが、20キロ手前で集団から離れ始めた。先頭集団は20キロを1時間06分17秒で通過した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月26日のニュース