NHK 五輪中継の種目・日程を発表 競泳決勝やマラソンなど

[ 2020年1月23日 05:30 ]

競泳の瀬戸大也
Photo By スポニチ

 NHKは22日、地上波で中継する東京五輪の主な種目と日程を発表した。日本選手の活躍が見込まれる種目や開会式などを放送する。

 放送と同時にインターネットにも番組を流す常時同時配信は、期間中に限りテレビの受信契約をしていない人も見られる形で行う。NHKの木田幸紀放送総局長は「最高水準の放送サービスで、余すところなくお伝えします。パラリンピックもこれまで以上に力をいれます」と意気込みを語った。

 中継は開会前のサッカー男子1次リーグなどを含む7月22日から閉会式までの19日間。瀬戸大也にメダル獲得が期待される7月26日の競泳男子400メートル個人メドレー決勝、大野将平の連覇への期待が高まる同27日の柔道男子73キロ級決勝などを放送。陸上は8月2日の男子100メートル決勝などを、卓球は同6日の女子団体決勝などを3日間にわたり伝える。男子マラソンは同9日に札幌から中継する。

 木田総局長は中継種目に関し「民放と優先種目を取り分けて調整した結果」とし、担当者も「優先種目は日本人選手の活躍が期待できるもの。公平になるよう民放と協議した。放送計画や詳細については今後詰めていく」と話した。

 中継は日本の勝敗や勝ち上がり具合などにより変更の可能性があるという。パラリンピックの中継種目と日程は今後決まり次第、発表される予定だ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月23日のニュース