徳勝龍 10勝一番乗り!V争い無欲「全然、意識していなかった」

[ 2020年1月23日 05:30 ]

大相撲初場所11日目 ( 2020年1月22日    東京・両国国技館 )

碧山(手前)を突き落としで破る徳勝龍(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 徳勝龍が3日目から9連勝で幕内の2桁10勝に一番乗りした。過去1勝4敗と苦手の碧山に攻め込まれながら、土俵際の右突き落としで鮮やかに逆転。10日目の千代丸戦に続き、劣勢をはね返して1敗を守った。 

 「たまたまです」と謙遜するが優勝争いを演じ、周囲から激励は増える一方。「(2桁白星も)全然、意識していなかった。周りは気にせずに自分のことだけやります」と平常心を強調した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月23日のニュース