朝乃山、炎鵬に敗れ5敗 大関獲り崖っ縁「ため息しか出ない」

[ 2020年1月23日 05:30 ]

大相撲初場所11日目 ( 2020年1月22日    東京・両国国技館 )

炎鵬(左)は押し込まれるが朝乃山の腕を取って態勢を入れ替える(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 大関獲りを目指す朝乃山が崖っ縁に追い込まれた。炎鵬との初対戦。立ち合いで頭を下げながら横へ動く相手に反応して追い込んだ。土俵際に詰めたが、腕を手繰られると、体を入れ替えられて押し出された。

 「ため息しか出ない」。最低10勝を挙げなければ来場所の大関獲りも消滅する可能性もある中で5敗目。「試練だと思って最後まで自分の相撲を取り切らないと。結果はあとからついてくる」と必死に切り替えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月23日のニュース