15歳天才少女・ガウフ 逆転2回戦突破 大坂と3回戦激突「私には失うものはない」

[ 2020年1月23日 05:30 ]

テニス全豪オープン第3日 ( 2020年1月22日    オーストラリア・メルボルンパーク )

逆転勝ちを収めたガウフ(Alps)
Photo By AP

 15歳のガウフが粘って逆転勝ちし、大坂との3回戦に進んだ。昨年のウィンブルドン選手権で予選を突破し、史上最年少の15歳3カ月で本戦に出場。1回戦でV・ウィリアムズを破る大金星を挙げた。昨年10月にはツアー初優勝を飾り、今大会も初戦で再びV・ウィリアムズを撃破。テニス界の将来を担う存在として注目されている。

 昨年の全米オープン3回戦ではセンターコートで大坂と対戦して完敗。試合後に大坂に誘われ、2人でインタビューを受けた姿が感動を呼ぶ場面として称賛された。注目の新星は「今回は緊張せずに戦える。勝利への重圧はないし、私には失うものはない」と挑戦者の立場を強調した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月23日のニュース