渡辺雄太が米プロ生活で最多の40得点 3点シュートは8本成功

[ 2020年1月23日 14:34 ]

Gリーグで自己最多の40得点をマークした渡辺雄太(AP)
Photo By AP

 NBAの下部組織、G・リーグのメンフィス・ハッスル(グリズリーズ傘下)に所属している渡辺雄太(25)が22日、地元ミシシッピ州サウスヘブンでのデラウェア・ブルーコーツ(76ers傘下)戦に先発出場。35分出場してフィールドゴールを20本中14本(うち3点シュートは11本中8本)成功させて両軍最多の40得点をたたき出し、ハッスルは138―121(前半75―74)で勝利を収めて3連勝を飾った。

 NBAグリズリーズとの「2―WAY契約」を締結している渡辺の40得点は、“メジャー”と“マイナー”を併せた計51試合目で米プロ生活の自己最多。13チームが所属する西地区全体の首位に立っているハッスルは20勝6敗となり、2位ソルトレイクシティー・スターズ(ジャズ傘下=19勝7敗)に1ゲーム差をつけた。

 ブルーコーツは14勝11敗。22日現在、15チームから構成される東地区全体の4位となっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月23日のニュース